×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

内職の通販在庫

TOPページ | 次のページ

週末起業 (ちくま新書)
価格: 735円 レビュー評価:4.0 レビュー数:68
リストラの不安におびえるくらいなら、いっそ会社を辞めて自分でビジネスを始めてはとすすめる起業の指南書は多いが、本書はその逆で、会社は辞めるなという。なぜなら、起業するには経済環境が悪すぎるうえ、住宅ローンや教育費、税金や医療費などの負担が増しているときに収入を途絶えさせるのはリスクが大きいからと。また、転職や資格取得、副業も有効ではないという。

そこですすめるのが、休日をフルに活用する「週末起業」である。これなら「サラリーマンの不況対策」になるほか、将来の本格的な起業に向けたトレーニングにもなると。そんな時間はないと言いたくなるが、起業すると仕事が楽しくなって寝ていられなくな

会社にいながら年収3000万を実現する―「10万円起業」で金持ちになる方法
価格: 1,365円 レビュー評価:4.0 レビュー数:16
サラリーマンが副業でまとまった収入を手にするためには、どう発想し、どこから行動をスタートさせればいいのか。精神科医として活躍する一方、受験生向け通信教育と心理学ビジネスという2つのベンチャー企業の経営でも成功した著者が、自身の体験を交えつつそのノウハウを公開する。会社を辞めるといったリスクをできる限り避けつつ小資本で成功するというコンセプトに沿って、原則論を展開していく。

「売れた本の周辺には必ずビジネスチャンスがある」「消費者としての発想を生かしやすく立ち上げにお金がかからないのはサービス業である」など、内容はきわめて具体的だ。しかし類書にない著者ならではの主張のポイントは、「

おいしい失業「バイト生活」マニュアル (アスカビジネス)
価格: 1,365円 レビュー評価:4.5 レビュー数:2
転職を考えている、退職が決まったという人、これからについていろいろ考えているのではないでしょうか?
その中の選択肢に勉強期間のための「バイト」はありませんか?
この本はとても読みやすい書調で、気楽に読めて、お得なバイト生活というものを理解できる本です。
すぐに読みきってしまいますよ。
この本だけでなく、同著者の「おいしい〜」シリーズはかなりおすすめです。
早朝起業―「朝5時から9時まで」の黄金時間を自分のために使う方法
価格: 1,365円 レビュー評価:4.5 レビュー数:15
「早朝起業」というなにやら見慣れない名称をみかけて読んでみました。
本書にも登場する「週末起業」の早朝版ですね。
著者自身も早朝の時間を活用した書評メルマガで名の知られた人ですので、そのノウハウが詰まっている感じです。
1日の無駄な時間(被略奪時間)を削ると1年で約2か月分に相当するというのはちょっと驚いたと同時に、新しい気づきになりました。

ちょっと残念なのは、他の方の事例紹介のページがちょっと多いかなぁというところでしょうか。

でも、読んでるうちに「早起きしてみよう」、「自分も始めてみよう」という気に
週末起業チュートリアル (ちくま新書)
価格: 714円 レビュー評価:4.0 レビュー数:14
週末起業のお手本のような集まりが、岐阜羽島にあります。
土日プロジェクトといいます。
本書を読むよりも、実際にプロジェクトをはじめるとよいと思われます。

土日に、異業種交流を行っている集まりもあります。
その中で、小さな起業はいろいろあるように思います。

本書を読んだ人は、本を捨てて、町に出よう。

本当に江戸の浪人は傘張りの内職をしていたのか?―時代考証でみる江戸の仕事事情 (じっぴコンパクト)
価格: 800円 レビュー評価:5.0 レビュー数:3
時代劇に出てくるのは、お侍やお奉行、無難な町人、長屋の傘張り浪人といったところでしょうか。
でも、これはあくまでもお芝居ですから、当時の人たちがどんな仕事をし、どれくらい稼いでいたか
というのは、芝居からは伝わりません。
時代考証の仕事は地味で根気のいる仕事ではないかと思いますが、おもしろおかしく語ってくれて
いて、あっと言う間に読み終えました。
歴史の勉強ではないので、残念ながら一つひとつを記憶するには至りませんでしたが。
『なぜ、江戸の庶民は時間に正確だったのか?』も、楽しい本だと思います。
週2日・月3万円から 会社を辞めずに副業で稼ごう!
価格: 1,575円 レビュー評価:3.5 レビュー数:2
副業で稼ごうと思っていたら、落とし穴がいっぱいあることがわかり、安易に副業で生活費の足しはできないのだと悟りました。本業に支障が無いよう、無理なく続けていけるような副業はあるようで資格など必要なものもあったりと考えを改めました。もちろん、自分にプラスになるような副業をあせらずに見つけていこうと決心しました。
会社を辞めずに起業する!週末起業完全マニュアル―独立したいけど、はじめの一歩が踏み出せない人のための 小資本、低リスクで、週末に育む自分サイズのビジネス (アスカビジネス)
価格: 1,575円 レビュー評価:4.0 レビュー数:16
新書版の「週末起業」に対して、より具体的なインターネットビジネスの始め方を
記した内容になっています。
メルマガ発行方法、ホームページ作成・運営方法や会社の法人化等
前著で説明不足の内容について詳しく記述されています。
ただし、あくまで概略の説明なので、より具体的に知るには、メルマガ、ホームページ等
別の参考書が必要でしょう。
また、新会社法の施行により、法人化の手法はこの本の発行時と変わっていますので
お気をつけください。
全体的にはよくまとまっており、週末起業の概略を知るにはよい本だと思います
情報起業―あらゆるビジネスに応用&発展可能な「小資本起業ノウハウ」
価格: 1,470円 レビュー評価:3.5 レビュー数:23
小資本で会社を辞めずに起業する「週末起業」のスタイルを提唱してきた著者が、今度は具体的にどんなビジネスを始めればいいかを本書で提案している。「情報起業」と銘打つその手法は、ずばり、メールマガジンを発行して獲得した読者にさまざまな形で情報を販売していくという、著者の成功体験に基づいたものである。

もちろん、ゴールは単なるメルマガの人気作家ではない。そこからビジネスとしていかに発展させられるかに、著者は「情報起業」のポイントを見る。たとえば、広告掲載、有料メルマガ、バックナンバーや教材の販売、講演などだ。著者の場合、起業ノウハウのメルマガ配信から始めて、雑誌連載、出版記念セミナー

きょうからの無職生活マニュアル
価格: 1,020円 レビュー評価:4.0 レビュー数:6
本文の内容は社会人として必要だけど意外と知らない人も多そうな事が書いてあり、多少は法改正などでもう通用しない部分もあるが興味があるなら安いので読んでみると意外な発見があるかもしれない。ただ漫画の部分には過去の犯罪自慢とも取れる部分もあり、既に時効とはいえそういった事を堂々と書いているのでふざけた内容が嫌いな人は読まない方が良いです。
会社にいながら年収3000万を実現する―「10万円起業」で金持ちになる方法 (祥伝社黄金文庫)
価格: 550円 レビュー評価:3.0 レビュー数:7
和田氏の著作はいくつか読んだが、
その中では一番若者に向けて書かれたものだと感じた。
実はコンビニで購入した。
「会社にいながら年収3000万を実現する」というタイトルから、
BIG Tomorrow風なサクセス志向が感じられるが、
中身はまさに成功に向けた発想法、人生哲学である。
勝間和代的に言えば「フレームワーク」本だ。

具体的にどうすれば年収3000万を稼げるかは書いていない。
小さく副業し、愚直に繰り返し、成功するまで続ける、
人に任せず、失敗は分析して、自分で考